神戸新開地・喜楽館

  • 神戸新開地・喜楽館twitter
  • 神戸新開地・喜楽館facebook
電話をかける
スマートフォン用メニューを表示する
トップページ > ニュース > お茶子日記 > お茶子日記《お客様と…》

昨夜は生まれて初めて落語を聴いた若いお客様(26歳、30歳)に終演後お話を聞かせて頂きました。

茶「初めての落語はどうでしたか?」
お二人は目を輝かせて「めちゃめちゃ面白かったです」と。
客「最後の方が終わってすぐにお見送りに出て来られていてびっくりしました」
茶「古い言葉やお道具が沢山出て来てよくわからなかったのでは?」
客「始まる前に説明があったり、途中で解説してくれたりしたので良くわかりました」
客「情景が浮かんで来て色々想像出来てとても楽しかったです」
客「オチを想像したり、考えながら聞いてて最後に答え合わせしたりするのも楽しかったです」
こんな風にお若い方にも楽しんで頂ける事がわかりとても嬉しくなりました。
皆さまも楽しみにご来館下さい。

交通案内

アクセスマップ

周辺駐車場マップ

トップへ戻る