神戸新開地・喜楽館

  • 神戸新開地・喜楽館twitter
  • 神戸新開地・喜楽館facebook
電話をかける
スマートフォン用メニューを表示する
トップページ > ニュース > お茶子日記 > お茶子日記《手ぬぐい》

2021/03/19

お茶子日記《手ぬぐい》

《手ぬぐい》

落語には手ぬぐいと扇子はなくてはならない物。

手ぬぐいは扇子ほど何かに見立てて使う事は少ないみたいですが…

それでも、財布やお金、証文や手紙、時には握って持ちサツマイモやバナナに見立てて皮を剥いたり、後は汗拭きとして使われています。

お茶子にとっても手ぬぐいはなくてはならない物なのです。

普段は見台や舞台の汚れをサッと拭いたり、お湯呑みを運ぶ際の茶托代わりに、お三味線を運ぶ際に直接棹を触らない様に…と。

先日は、前掛けの代用としても使いました。

風呂敷程の活用は出来ないかもですが…

とっても便利な手ぬぐい。

再販も始まりました。

ご来館記念におひとついかがですか?

 

http://kobe-kirakukan.jp/

神戸新開地・喜楽館 – ホーム | Facebook

交通案内

アクセスマップ

周辺駐車場マップ

トップへ戻る